【IoT101】知識ゼロから作って学ぶIoT入門

カテゴリー: IoT
ウィッシュリスト Share
Share Course
Page Link
Share On Social Media
コース情報
Curriculum

コースについて

<!-- wp:image {"align":"center","id":522,"sizeSlug":&quot…

モノの世界とサイバー空間をつなげるとモノがスマートになります。そのしくみであるIoTはエッジAIやCPSに必須の技術です。試作機を作って動かすことでIoTの本質にせまる真の入門講座。IoTの世界へ新たな一歩を踏み出しましょう!

※このコースで使用する「IoT入門キット」をショップで販売しています。

このコースの目的

このコースは、IoTに必要不可欠なコアな構成要素と、モノを「つなぐ」仕組みにフォーカスすることで、IoTの本質をつかむことを目的としています。これからIoTを活用したい方、まずはIoTのしくみをおさえておきたい方、IoTの簡単な実験を通してIoTのしくみを実感したい方に最適な内容です。

このコースでは、試作機を作って動かすハンズオンを通してIoTを実感します。人感センサーとLEDを使った簡単なIoTデバイスを自作し、IoTで広く使われているMQTT通信規約で、パソコンやスマートフォンのブラウザからLEDを点灯させたり、人感センサーの状態を確認する簡単な実験をし、IoTへの理解を深めます。

また、IoT初学者がIoTを理解するために最初に知っておきたいトッピクである、IoTの基本構成やマイコン、プロトタイピング、ブレッドボード、Raspberry Pi、Arduino、MQTTプロトコルなどについておさえます。

このコースは500名以上に参加いただいたモノクロスITのハンズオンセミナー「IoT入門」をもとに作成されました。「IoT入門」を受講いただいた方からは、「とても役立った」、「IoTのシステムを構築できた」など喜びの声が届いています。

MONOxITの他のIoTコースとどう違うの?

このコースでは、マイコンボードを使うことで、より手軽にIoTのモノをつなぐしくみを実感します。「IoTスターターシリーズ」の「IoTのT(モノ)の基礎~IoTマイコンでLEDを点滅させよう」「IoTのI ~モノをサイバー空間につないでIoTの本質を押さえよう」と同等の内容をマイコン開発ボードを使用しておさえます。

バックエンドサーバー側のしくみはある程度理解しているが、モノをサーバーにつなぐ部分が明確でないのでその部分を押さえて、IoTの本質を理解したいという目的にも適したコースです。IoTのしくみの全体に触れたいときには、「IoTスターターシリーズ」をお勧めします。

こんな方にお勧めします

このコースには、マイコンとMQTTを使ったハンズオンや、サンプルプログラムの解説が含まれます。技術的なしくみに興味のある方に適したコースです。

IoTのしくみを使ったモノ作りをはじめてみたい方、これからIoTに携わるIoT初学者のIT担当者といった方に多く受講いただいているコースです。

ご受講上の注意

会社などで管理されているパソコンやネットワーク環境ではハンズオンができない場合があります。個人のパソコンとご自宅のネットワーク環境でハンズオンを進めていただくことをお勧めいたします。

お使いのパソコンにUSB Aソケット(一般的なUSBソケット)がない場合は、USB Aソケットへの変換アダプタが必要です。

【このコースで取り扱わない内容】

スマートシティ、スマート農業などのIoT関連システムのトピック、AWS、GCPなどのIoTサービスやその使い方、データ解析や無線通信規格といったIoTに関連するすべてのトピックが網羅されているものではありません。

あくまでも、IoTのコアの構成要素としくみにハンズオンを通して実際に触れることで、IoTの本質をつかむことを目的としたコースです。

【更新情報について】

本コースはハンズオンを中心に進めていきますが、今後システム変更等に伴い手順が変わる場合がありますことを予めご了承ください。

更新情報はできるだけ早く掲載していきますが、手順通りに動かないなどのご不明点がある場合は、お気軽にお知らせください。

What Will You Learn?

  • IoT初学者がおさえておくべきIoTの基礎知識が身につきます
  • Arduino IDEとIoTマイコンを使ったIoTデバイス試作の流れを把握できます
  • 簡単なIoTのデモができるようになります
  • MQTTを使ってセンサーをインターネットにつなぐしくみを習得できます
  • スマートフォンから遠隔地の自作IoT機器を操作するしくみを習得できます
  • IoTの本質を理解し、「何ができそうか」閃くための土台作りをします

Course Curriculum

セクション1 はじめに
コースの概要を解説します。

  • コースの概要
    00:3:37

セクション2 ハンズオン準備
ハンズオンを実施するために必要なモノや環境について解説します。

  • ハンズオンの準備-セクションの内容
    00:1:01
  • ハンズオンで使うモノ
    00:3:32
  • Arduino IDEのインストール
    00:4:4
  • Arduino IDEの起動
    00:00:59
  • Arduino IDEの環境設定
    00:00:45

セクション3 IoTの基礎
IoTの構成要素やおさえておきたいトピックについて理解します。

  • IoTの基礎知識ーセクションの内容
    00:00:47
  • IoTの基本構成
    00:3:35
  • マイコンとは
    00:7:27
  • プロトタイピング
    00:3:6
  • ブレッドボード
    00:3:55
  • ハンズオンで使うマイコン
    00:7:43
  • マイコンとRaspberry Pi
    00:7:49

セクション4 IoTのT 物理空間につなぐ 

  • IoTのT 物理空間につなぐーセクションの内容
    00:1:57
  • Arduino IDE
    00:2:52
  • ESP8266拡張機能の追加
    00:3:54
  • LED点滅ーハンズオンの概要
    00:1:4
  • LEDの取り付け
    00:6:20
  • マイコンボード接続ーシリアルポート設定
    00:3:53
  • Arduino IDEボード設定
    00:2:56
  • LED点滅プログラム―概要と変更
    00:13:12
  • サンプルプログラムでLED点滅
    00:5:25
  • LED点滅―マイコンの動き
    00:6:34
  • LEDの点滅でIoTの何を見たのか
    00:1:35
  • マイコンに人感センサをつなぐ
    00:7:57
  • マイコンで人感センサ状態確認
    00:12:45

セクション5 IoTのI インターネットでつなぐ

  • IoTのI インターネットでつなぐーセクションの内容
    00:1:17
  • IoTの通信規約概要
    00:7:37
  • IoT通信規約MQTT
    00:18:47
  • MQTTブローカーは誰が用意するのか
    00:2:50
  • サンプルプログラムの準備
    00:2:30
  • MQTTライブラリ追加
    00:1:55
  • サンプルプログラム概要
    00:16:20
  • サンプルスケッチの実行
    00:5:37
  • シリアルモニターマイコンの動きを確認する
    00:7:53
  • ネット経由でセンサの状態を見る
    00:9:26
  • ネット経由でLEDを操作
    00:4:40

セクション6 IoTの本質とは

  • IoTの本質を確認しよう
    00:12:18
  • ボーナスレッスン
¥4800

要件

  • 日常的にパソコンを使用していること
  • 無線LAN環境(2.4GHz)

Audience

  • IoTの基本的なしくみをおさえたい方
  • これからIoTに携わる、IoT初学者のIT担当者
  • IoTのしくみを使ったモノ作りをはじめてみたい方
  • これからIoTを業務に活用していきたい方